飲食店を経営しよう~税理士に任せなサイト~

女性

節税対策を行う

女性

飲食店を開業する前から、節税対策いついては意識していると良いでしょう。節税対策については、税理士に相談することで詳しく知ることができます。・節税対策は、前述のとおり、納税の義務を果たしながら、納税額を節約することをいいます。節税対策は、個人でも法人でも行うことができます。個人の場合は、個人事業所の所得税などを節税したり、個人の相続税の節税対策をすることができます。法人の場合は、所得税、法人税を節税することができます。節税対策として行われる方法は、基本的に経費に計上することと、控除や特例を利用することになります。これを理解するには、売上のどこに課税されるかを知ることが有効です。課税される部分は、売上から経費を引いた所得から、更に控除を引いた部分になります。この課税する部分を、課税所得といいます。経費と控除の部分は、課税されません。逆にいえば、経費と控除が利用できるものは積極的に利用したほうがいいといえます。・控除にはさまざまなものがあります。具体的には、基礎控除、医療費控除、寡婦控除などがあります。飲食店経営で節税対策として積極的に利用する控除は、基礎控除のうちの青色申告特別控除になります。細かい情報を把握している税理士に頼むことでより沢山の情報を得ることが可能です。自分にあった税理士を見つけて頼むといいでしょう。飲食店の味方となる存在のため、税理士に協力を頼む際は、問い合わせてみることが大切です。